ドワーフクラブの種類

ゲオセサルマ属(Geosesarma

バンパイアクラブ

バンパイアクラブという名前の通り、妖艶な配色のドワーフクラブです。紫、黄色のコントラストが美しい種類です。名前は妖しく輝く黄色い目が由来といわれている。黄色い色彩を持つカニは少なく、本種では甲に黄色い色彩が入る。

レッドデビルクラブと並んでドワーフクラブの代表的な種類です。流通量のも多く入手しやすいです。

ディープレッド・バンパイアクラブ(レッドデビルクラブ)

ディープレッド・バンパイアクラブはハサミ脚と甲が鮮紅色に彩られるドワーフクラブです。数年前から輸入量が増え、バンパイアクラブと並んでドワーフクラブの代表種となっています。

ディープオレンジ・クラブ

ディープオレンジ・クラブはハサミ脚のオレンジと甲の青みがかった色彩が鮮やかなドワーフクラブです。カリマンタン・レッドクラブやマンダリンクラブなどの別名で古くから流通している定番種です。

ホワイトオーキッド・バンパイアクラブ

ホワイトオーキッド・クラブは、淡紅色の脚にクリーム色のハサミ脚を持つドワーフクラブです。オーキッドとは植物のランのことで、可憐な印象のドワーフクラブです。

レッドオーキッド・バンパイアクラブとはハサミ脚の色を除いて似ていることが多いです。

 

レッドオーキッド・バンパイアクラブ

レッドオーキッドパンパイアクラブレッドオーキッド・バンパイアクラブは、ホワイトオーキッド・バンパイアクラブのハサミ脚が赤くなったような配色のドワーフクラブです。

陸上での脱皮も可能な珍しい種でもあります。

ハーフオレンジ・バンパイアクラブ

ハーフオレンジ・バンパイアクラブは甲の半分がオレンジの色彩に染まる美しいドワーフクラブです。

他のゲオセサルマ属よりも陸上生活に適応していて、背の高い水槽で流木組や植物を入れたレイアウトが向きます。他のゲオセサルマ属と違いほとんどが陸上で脱皮します。

 

 

レピドテルプーサ属(Lepidothelphusa)

オレンジアーム・クラブ

オレンジアーム・クラブはその名の通りの鮮やかなオレンジのハサミ脚が美しいドワーフクラブです。

レピドテルプーサ属の中では流通量が多く入手しやすい種類です。

ブルーダート・クラブ

ブルーダートクラブは別名、ホワイトアーム・バイオリンクラブとも呼ばれ、白いハサミ脚と甲の青が特徴のドワーフクラブです。

 

インドネシア・パンダクラブ

インドネシアパンダクラブインドネシア・パンダクラブはその名の通り、白と黒のパンダの配色をもち、白の甲に目だけ黒いためパンダのようなドワーフクラブです。

その他・属名不明

チョコレート・バンパイアクラブ

チョコレート・バンパイアクラブは、ゲオセサルマ属かレピドテルプーサ属かと言われていますが、詳細不明のドワーフクラブです。

チョコレートブラウン色の可愛らしい種類です。

バティッククラブ

バティッククラブは、メタセサルマ属のドワーフクラブで、本来は海水・汽水に生息しますが、淡水にも適応して淡水水槽で飼育可能です。

ゲオセサルマ属やレピドテルプーサ属のドワーフクラブとくらべてハサミ脚や甲など、全体的に丸っこいのが特徴です。