ブルーダートクラブ

ホワイトアーム・バイオリンクラブ

別名

ホワイトアーム・バンパイアクラブ

ホワイトアーム・ヴァイオリンクラブ

学名

不明(推定:Lepidothelphusa sp)

分布 インドネシア?
大きさ

甲長2cm 甲幅1.5cm

 

ブルーダートクラブは、非常に珍しいタイプのドワーフクラブです。ホワイトアーム・ヴァイオリンクラブやホワイトアームバンパイアクラブなど、ホワイトアームと言われることも多い種類です。青の色彩が美しい鑑賞性の高い美種で、密かな人気を集めています。

ブルーダートクラブの配色はハサミ脚が白色~クリーム色で、甲羅背面の一部が白色がかった水色~青色に、体色と目は黒色~わずかに紫がかった黒になります。甲羅背面の青は上記写真の個体のように中心の円の部分と下側に出る場合が多いです。

このように色彩の個体差の他に甲羅背面の青色部分が上記写真のようにフラットに入るものと、縦に2つの部分に分離して入るものが確認されています。

ブルーダートクラブやホワイトアーム・ヴァイオリンクラブ、ホワイトアームバンパイアクラブなど、様々な名前で流通したことがありますが、いずれも輸入量はかなり少なく、手に入れる機会がほとんどありません。

ブルーダートクラブとインドネシアパンダクラブは共にハサミ脚が白色になるため、ホワイトアームと言った時に混同されがちです。

ブルーダートクラブの飼育方法は当サイトで解説する一般的な飼い方です。(参照:ドワーフクラブの飼い方

ただし、バンパイアクラブなどのゲオセサルマ属のドワーフクラブと違い、水棲が強く水の中にいることが多い種類なので水場の多いレイアウトにします。

海外では同族とされるLepidothelphusa属のカニの水槽での繁殖例が多数あります。

ブルーダートクラブ

上の写真は甲羅背面の模様や色が違う個体です。ホワイトアーム・バンパイアクラブとして入荷されたものです。